オーストラリアでの留学経験は就活で最高のアピールになる理由を解説!

「オーストラリアでの留学経験を就活にどう使えばいいかわからない」と思っていませんか?

確かにオーストラリアでの留学経験を就活で生かすのが難しいのはその通りですが、実はオーストラリアでの留学経験は就活をするときに最高のアピールとなるです!

今回はオーストラリアでの留学経験がどのように就活に役立つかが気になる方に向けて、その理由と方法を解説します。

オーストラリア留学での様々な経験はは就活でアピールできる。

英語圏・就業・アクティビティ・多様な文化の経験は全てがアピール材料になります。

なぜならそれらの幅広い経験を得ることによって、あなたの視野の広さ、柔軟性、経験の豊富さをアピールすることが可能だからです。

オーストラリア留学を経てあなたは日本では得られない経験を得ているはずです。そのような経験を就活の面接ではどんどんアピールしていきましょう!

オーストラリア留学を就活に生かすためのノウハウ

具体的にオーストラリア留学でのどのような経験がどのように就活でアピールすればいいのかご紹介していきましょう。

オーストラリア留学が就活に生きる理由1 英語圏での生活

英語圏で生活するという経験は、当然ですが英語圏でしか得られません。その中であなたには少なくとも英語での日常会話力が身についているはずです。

日本人の多くが英語を日常会話で喋ることができないということをご存知でしょうか。これは日本の中にいてはわかりませんが、海外に出ると多くの外国人が口を揃えていう事実です。

そのため英語を日常会話レベルでも話せるというスキルは他の人との差別化を図るものとなるのです。

企業の多くは日本だけに止まらず、海外進出を考えている場合があります。もしあなたが就活をする企業が海外進出を考えているならば強いアピール材料となります。

オーストラリア留学が就活に生きる理由2 就業体験

ワーキングホリデーの経験者であれば一年から二年はオーストラリアでの就業経験をお持ちではないでしょうか。

慣れない環境で、責任を持って仕事をして、お金を稼ぎ、自分の生活を成り立たせる。

この状況は何かと似ていませんか?

それは新しい会社に入った際の状況と似ているのです。

海外であっても、日本であってもそれは同じです。

慣れない環境で仕事をして自分の生活を成り立たせていたという経験は、他の新卒採用者にはない経験です。

毎年、何割かの新卒採用者はそのように慣れない環境に耐えられずやめてしまうこともあります。

オーストラリアという外国であなたは、慣れない環境にも負けずに働いた。これは説得力のあるアピール材料なのです。

オーストラリア留学が就活に生きる理由3 多様な文化の経験

オーストラリアには様々な国籍の人たちが集まります。

見た目や言葉、価値観も食べるものも何もかも違いますし、もしかすると共通点もあったかもしれません。

そのような環境下できっとあなたは、

「日本の常識が他国の常識ではない」

「みんな考え方が同じというわけではない」と思ったはずです。

この感覚は多国籍の人々が集まるオーストラリアだからこそ感じられたことかもしれません。

会社では協力性や協調性が求められますが、「人はみんな考えかたが違っている」

と柔軟に考えられるのであれば、他の人たちと協力しあって仕事をすることができます。これも大切なアピールポイントです。

オーストラリア留学が就活に役立った筆者の経験

私も学生時代にオーストラリアに1年間ワーキングホリデーで留学をしました。そのためもちろん大学を休学しましたが、その経験を上記のような形でアピールしたことによって就活に失敗することはありませんでした。

オーストラリアでは様々な経験ができます。その経験が私を成長させ、自信を持たせてくれました。

就活を経て、改めて、オーストラリアでの経験があってよかったと思っています。

オーストラリア留学で得た経験を元に就活での自己PRを考えよう。

まずはオーストラリアであなたがした経験を元に就活での自己PR文を考えましょう!

あなたの強みは何なのか。そしてその根拠となる経験をオーストラリアの留学でどのように得たのか。

これを考えれば説得力のある自己PR文が出来上がるはずです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です