就活で留学の期間に嘘つかなくていい理由と効果的なアピール方法を紹介!


23000人面接したプロと無料何度も面接練習できる▲

「就活で留学期間の長さを嘘ついたほうがいい」と思っていませんか?

確かに就活で留学期間を嘘で長く言いたいという気持ちを持つのはその通りですが、

実は就活で留学期間の長さに嘘をつかなくてもいいんです!

今回は就活で留学期間の長さについて嘘をついたほうがいいのか気になる方に向けて、つかなくてもいい理由を解説します。

就活で留学期間を嘘ついて長く言ってもプラスにはならない。

就活で留学期間に嘘をつかなくもいいんです。

なぜなら就活で留学期間に嘘をついても全くプラス評価には繋がらないからです!

多くの人は、留学の期間が長ければ長いほど、就活では有利になると思っていますよね?しかし、それは大きな勘違いです!

留学期間の長さは全くと言っていいほど就活での評価には繋がりません!

就活で留学期間に嘘をついてもプラスにならない理由

なぜなら企業は留学によってあなたが「どのような力を得たのか」を見るからです。

例えばオーストラリアにワーキングホリデーに来ていた頃、日本人とばかり喋り、日本語が通じるレストランに行き、日本人の友人を作る。

そんな日本人学生がいました。

それでもその日本人がワーキングホリデーでセカンドホリデービザまで取得すれば、2年間は留学経験があったと言えてしまうのです。

同じ2年でもこのような人がいる一方で、現地の英語圏の人とばかり喋り、英語しか通じないレストランに行き、英語圏の友人を作る。

そんな日本人だっています。

この人が、ワーキングホリデーを一年で切り上げたとしても、前者の日本人に囲まれている学生よりも英語力は間違いなく高いでしょうし、いい経験だって沢山しているはずなのです。

逆に前者の日本の文化に囲まれ続けた学生はどうでしょうか?

日本でもできることをただ海外でしていただけで、何かを得ることができているでしょうか?

むしろ留学期間だけが長くて、その反面何も得ていない人は就活でいくら留学期間の長さをアピールしたところで何の評価にもならないということはわかっていただけたはずです。

就活で留学期間に嘘をつくよりも、留学によって何を得たかをしたかをアピールしよう!

就活で大事なのは、留学によってあなたが「何をできるようになったか」です。

  • 英語が堪能になった。留学先の国の文化に人一倍詳しくなった。
  • その国の自然を語らせたら周りに勝る人はいない。
  • どんな環境でも一人でやっていけるたくましさを得た。
  • 外国人に物怖じしない精神力ができた。

このような、留学を通して得た力が最も大切です。

もっと言えば、その力が就活先の企業にマッチしているかが大切です。

例えば、海外特派員や海外駐在員を募集している企業の場合、その派遣先でマーケティングの拡大ができる人物が必要でしょうから、その国のスペシャリストとなれば就活で強くアピールできるはずです。

他にもNPO法人の発展途上国をサポートするようなお仕事に就く場合は、留学先に発展途上国での経験があったほうがいいでしょう。

そのような国は概して日本よりも衛生面も悪く、何の経験もしていない人の中には、そのような環境に耐えられずやめていく人もいるのです。

留学期間に嘘をついて長く言ったとしても、あなたの実際得た力が成長するわけではありません。

嘘をつく目的は、例えば「長くいたことによって語学力が高まりました」と言いたいことが多いと思うのですが、

そんな嘘をついたところで実際にあなたの語学力は伸びませんし、むしろ語学試験などの結果が出れば、「留学に長く行っていたのにその程度しか語学力がないのか」と失望され、低評価の原因となるでしょう。

就活で留学期間に嘘をつくよりも、自分が留学によって得たもののアピールの仕方を考える!

まずは自分が留学の経験から得たものをどのようにアピールするか考えましょう。

留学期間の長い、短いは就職活動において有利、不利になる原因とはならないのです。

就活をする会社の必要とする人材をしっかりとチェックして、

あなたが留学先で得た力とどのようにマッチングするかをまずは考えましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です