就活に留学経験の期間は関係ない!その理由を徹底解説!


23000人面接したプロと無料何度も面接練習できる▲

「就活に留学経験の期間は関係がある」と思っていませんか?

確かに就活をする上で留学経験の期間があると良いのはその通りですが、

実は就活に留学経験の期間は関係ないんです!

今回は就活に留学経験の期間が関係あるのか気になる方に向けて、実際の就活事情を解説します。

就活に留学経験の期間は関係ないので、就活でアピールできる経験を積もう!

就活では留学経験の期間の長さよりも留学先での経験を語れるようにしましょう。

はっきり言って、就活で留学経験の長さは強みにはなりません。

なぜなら留学自体は誰でもできることですし、

留学先でだらだらと生活をしていても期間だけは稼ぐことができるからです。

例えばオーストラリアにワーキングホリデーに来ていた頃、日本人とばかり喋り、日本語が通じるレストランに行き、日本人の友人を作る。

そんな日本人学生がいました。

それでもその日本人がワーキングホリデーでセカンドホリデービザまで取得すれば、2年間は留学経験があったと言えてしまうのです。

同じ2年でもこのような人がいる一方で、現地の英語圏の人とばかり喋り、英語しか通じないレストランに行き、英語圏の友人を作る。

そんな日本人だっています。

この人が、ワーキングホリデーを一年で切り上げたとしても、前者の日本人に囲まれている学生よりも英語力は間違いなく高いでしょうし、いい経験だって沢山しているはずなのです。

そのため就活の面接でも留学期間の長さは何の強みにもならないのです。

それよりも就活でアピールできる留学先ならではの経験を沢山積むようにしましょう!

就活に留学経験の期間を関係なくするためのおすすめの経験!

次に就活で留学経験の期間だけではなく、アピールできるおすすめの経験をご紹介します!

就活では留学経験の期間よりも留学先の現地の友人を沢山作る方が大事!

留学の醍醐味といえば、まずは現地の友人を沢山作る機会に恵まれているということです。

もちろん通う学校や、ワーキングホリデーで働くのであれば職場やお客様のほとんどは異国の人たちのはずです。

そのような人たちに尻込みせずに積極的に話しかけることで、友人を作っていくことができます。

友人が沢山できれば、もちろん自然と外国語が身について来ますし、それだけではなく、様々な国の価値観に触れることができます。

実はこの様々な国の価値観に触れるということがとても大切なことです。

日本では当たり前だと思っていたことが、海外では違うという経験は、自分の凝り固まった固定観念を崩してくれます。

そうすることでより柔軟に物事を見ることができる視点が育ちます。

そのような柔軟さは人としての能力ですので、就活でのアピールできますね。

就活で留学経験の期間を語るより留学先で休日には遠出をする方が大事

留学先の学校や職場だけではなくて、必ず遠出をしましょう。

留学先の近くだけで、その国のことは理解できません。

国のいたるところにある町や自然に触れることで、ようやくその国の一部を知ることができるのです。

その国について深く知る人材となれば、実は就活でも強みになることを知っていましたか?

例えば民間企業の海外特派員や駐在員などは、海外でのマーケティングなどを担当しなければならないため、一国の文化や自然をよく知っているというのは就活をする上で強みになるのです。

留学をして学校にこもっているだけでは、留学する経験の価値は上がりません。

留学する期間を使って、目一杯、その国のことを知る努力をしましょう。

就活では留学経験の期間より積極的にアクティビティに参加することにこだわる!

例えばオーストラリアであればダイビング、シュノーケリング、そしてスカイダイビングや動物たちとの触れ合いなどがあります。

アクティビティに参加するということは、その国自然を知ることの最大の近道なのです。

そしてそれだけではなく、留学先の国のことを大好きになるきっかけとなるでしょう。

留学先のことが大好きになれば自然とその国の言語や文化、人との関わり方がわかってきます。

特に人との関わりが深くなるにつれ、珍しい経験をすることができます。

私の場合、フィリピンでは現地のご家族と仲良くさせていただき、レチョン(豚の丸焼き)を作る手伝いをさせてもらいました。そのような珍しい経験は、就活で留学先での話をする際にも役立ちますし、何よりもあなたの人としての魅力を引き上げてくれます。

留学先ではどんどんアクティビティに参加していきましょう。

就活での留学経験を語るより、まず語学力を高めてテストを受ける!

あなたが留学をする最大の目的は、語学力の向上ではないでしょうか?

そうであるならば必ずテストで結果を出しておくべきです。

企業によっては就職の条件として語学のテストが何点以上であるという条件を出していますので、受けたい企業を参考にしながら検定試験は必ず受けておきましょう。

ちなみに英語では、TOEIC、TOEFL、BULATS、IELTSなどの英語検定試験があります。受ける企業によって求められる検定試験の種類が違いますので、必ずチェックしましょう。

まずは就活で留学経験の期間以外の良い経験を留学先でしよう!

まず留学先で最初にすることは、「留学先でしかできない経験をすること」です!

就活に留学経験の期間は全く関係ありません。それよりもあなた自身を成長させるような経験や人との出会いをすることを優先しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です