高校の教育実習を成功させるために大切なことを教員経験者が解説!


23000人面接したプロと無料何度も面接練習できる▲

「高校の教育実習は大変」だと思っていませんか?

確かに高校の教育実習は教科の専門性が求められるので難しいのはその通りですが、実は高校の教育実習を成功させるコツがあるんです!

今回は高校の教育実習を成功させるコツが気になる方に向けて、高校の教育実習を成功させるコツやその他のポイントなどを解説します。

高校の教育実習を成功させるために大切なコツ

まず最初に「高校の教育実習を成功させるために大切なコツ」を確認しましょう。

高校の教育実習を成功させるために大切なコツ1:教材研究をしっかりとする

高校の教育実習は、小中高の教育実習の中で最も教材研究が難しいと言われています。

高校生ともなると思考が大人にかなり近づいて来ますので、授業のレベルもかなり高く設定しなくてはいけません。

そんな高校生の学力を伸ばすためには並大抵の教材研究ではいけません。しかし、この問題をクリアするコツがあります。

それは「教材の指導案を参考にする」ということです。

指導案とは、その教材を使った授業の流れがすでに書かれている授業計画表のことでこれを参考にすることである程度、授業のイメージを掴むことができるのです。

もちろんこれを丸々真似てしまってはいけませんが、イメージを掴んで、それを自分の授業研究に生かすことである程度のクオリティの授業を作ることができます。

高校の教育実習を成功させるために大切なコツ2:部活動に積極的に顔を出す

高校生の多くは部活動に熱心に参加をしているため、部活動に顔を出しておくことで生徒とすぐに距離を近づけることができます。

生徒と距離を近づけられれば、高校の教育実習は楽しくなりますし、授業自体もかなりやりやすくなります。そのため部活動にはできれば休日にも顔を出しておくと良いでしょう。

高校の教育実習を成功させるために大切なコツ3:最後に物を言うのは生徒との関係作り

高校の教育実習では「研究授業」の評価にかなり重点が置かれます。もちろん研究授業に対する準備はしっかりとしておく上で、それと同様に大切なのが生徒との関係作りです。なぜなら研究授業に際して、生徒としっかり関係を作ることができていれば研究授業を成功させようと生徒が努めてくれるからです。

上記のように部活動に顔を出すのも有効ですし、普段からのコミュニケーション、掃除などへの協力など日々の積み重ねがとても大切ですので意識して生徒に信頼されるようにしましょう。

高校の教育実習の流れ・スケジュール・期間を確認しよう

高校の教育実習の流れをまず確認しましょう。

最初に教育実習の受け入れをお願いする電話をします。その後、面接がある場合もありますが内諾をもらえれば事前打ち合わせという形になり、それから当日を迎えます。

高校の教育実習のスケジュールは、

朝の職員会議から始まり、ホームルーム、授業、掃除、終わりのホームルーム、部活動への参加を経て、その後は一日の振り返りや指導教員との授業反省、打ち合わせ

という流れになります。

教育実習の期間ですが、一年を通して二つのシーズンに分かれます。

一つ目は「5〜6月」

二つ目は「9〜10月」

です。

一般的には「5〜6月」の時期に教育実習をする方が多いようですが、例えば教育実習先の定員が溢れていまい「9〜10月」にしか教育実習をできないという場合もあります。

ほとんどの学生が「5〜6月」に教育実習をした経験を持って、教員採用試験に臨むので、一つ目のシーズンに実習ができるならばそちらがおすすめです。

高校の教育実習が辛いという人もいる

高校の教育実習が「辛い」と感じる人もいるようです。その多くの実習生は、生徒や先生との関係作りがうまくいっていない場合が多いのです。

高校という環境は常に生徒か先生が周囲にいるため、確かに彼らとの関係がうまくいっていなければ「辛い」と感じるはずです。

また生徒や先生との関係はうまくいっているけれど、授業が上手くいかず「辛い」と感じている人もいます。

しかし授業が最初から上手くいくというのは稀なケースであり、誰もが最初は失敗をするものなので諦めず続けた実習生だけが最後に「辛い」という思いから解放されて、「やってよかった」という気持ちになれるのです。

現在、教育実習が「辛い」と感じている人も諦めず最後まで頑張りましょう!

高校の教育実習は教材研究を準備期間からしっかりやっておく!

高校の教育実習で一番時間をかけるのが「教材研究」だと思われます。

これが教育実習前の準備期間にしっかりとできていなければ、教育実習期間中に苦労する羽目になりますので、できるだけ教育実習前の事前打ち合わせで担当教材が決まった段階からしっかりと準備しておくようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です