教育実習の研究授業で失敗しないための情報を完全網羅!

「教育実習の研究授業を失敗するかも…」と思っていませんか?

確かに教育実習の研究授業はいつもの授業よりも緊張するということはその通りですが、実は教育実習の研究授業を失敗しないための方法があるんです!

今回は教育実習の研究授業を失敗しないための方法が気になる方に向けて、教育実習の研究授業を失敗しないための方法や指導案の作り方などの役に立つ方法を解説します。

教育実習の研究授業に失敗しない方法

教育実習の中でのビッグイベントである「研究授業」。普段は指導教員だけが見ていた授業が、この時ばかりは沢山の先生で賑わうため非常に緊張してしまいます。

ただでさえ慣れない教壇の上でのトークですが、このような状況だとさらに緊張してしまいます。

こちらでは、そんな難易度の高い教育実習の研究授業に失敗しない方法をご紹介します。

教育実習の研究授業に失敗しない方法1:生徒との関係作り

教育実習の研究授業において大切なのは、実習者と生徒との関係です。研究授業までにしっかりと生徒との関係ができていれば、生徒たちも研究授業を成功させるために協力してくれます。

そのためには普段からコミュニケーションをしっかりとって仲良くなったり、部活動を積極的に見に行ったり、掃除を一生懸命手伝ったりすることが大切です。

このように一生懸命な姿勢を生徒に対して示していれば、研究授業の際に生徒がしっかりと発表してくれようとしたり、静かに話を聞いてくれたりと、これまでの努力に報いようとしてくれます。

それが教育実習の研究授業に失敗しない方法の一つです。

教育実習の研究授業に失敗しない方法2:最もうまくいきそうな授業を研究授業に設定

研究授業は基本的に教育実習の後半であればどこで設定をしても構いません。つまり、自分がうまくいきそうだと思う授業のタイミングに研究授業を当てればいいのです。

授業が盛り上がりそうなタイミングであったり、授業のクライマックスであったり、生徒が理解しやすそうな授業の内容を取り扱うタイミングで研究授業を行うことで、研究授業がうまくいく可能性が高まるでしょう。

教育実習の研究授業に失敗しない方法3:生徒の活動を多く取り入れる

近年は先生が喋りっぱなしの一斉講義制よりも、生徒の活動を取り入れる授業の方が評価がされやすいです。

それに喋り慣れていない実習生は自分が喋る時間よりも生徒が班で、もしくは個人で活動をする時間が多い方が気持ちも楽だと言えるでしょう。

もしその生徒の活動時間が盛り上がればますます高い評価を得ることができるでしょう。

教育実習の研究授業での指導案の作り方

基本的には毎回の授業で作る指導案とフォーマットは変わりませんが、色々な先生の目に触れることなども考えて細かい分刻みの授業展開を指導案に書き記すと良いでしょう。

このように細かい指導案を作っておくことで、自分もより一層授業が進めやすくなりますし、指導案をみる先生からしても好印象を得られる指導案になります。

また重点を置いて書くのは「配慮すべき生徒への対応」欄です。ここでは全体の理解度よりも遅れを取る生徒への対策を書くことができます。

ここをしっかりと練っておくことで、いざという時に生徒にアドバイスができるのでおすすめです。

教育実習の研究授業のネット上の感想

意外とネット上で教育実習の研究授業を終えた人たちの感想を見ると、緊張が和らぐものです。こちらでは研究授業へのポジティブな感想を書いている人たちをご紹介します。

英語科の先生方だけではなく、他の科目の実習生も来ているといういつもとは違った環境であったことから、私自身緊張してしまった部分があった。そのため、授業終了後、指導教官の先生からは「いつもなら聞こえているはずの生徒の声が、今回は先生の耳に入っていなかった」と指摘されてしまったり、メリハリのある授業が出来なかったということなどの反省点が多々あった。しかし、そのような至らない点はたくさんあったが、緊張しながらも、自分が立てた目標は達成することができ、3週間の集大成として、満足のいく授業を行うことが出来たと考えている。

(引用元:http://d.hatena.ne.jp/A30/20130610/1370829375)

三週間みなさんお疲れさまでした。私も皆さん同様とてもいい経験になりました。一年生だったからみんなかわいくてずっとクラスの副担で入りたいくらいでした。最後にもらった手紙や色紙そして合唱コンクールに向けて一生懸命練習した曲を歌ってくれたときは涙涙でした。研究授業まで大変だったけど生徒が授業楽しかったと言ってくれたときにすべて疲れがふきとびました。

(引用元:http://www1.m1.mediacat.ne.jp/agoshima/newpage4.html)

この感想を見ると、研究授業は大変だけどそれを乗り越えた時に「よかった」と思えた教育実習生が多いようです。

緊張しますが、その先には必ず報われる未来が待っているはずです。

教育実習の研究授業の挨拶の仕方

教育実習の研究授業を行う日の朝は、朝の職員会議で先生に挨拶をしなければなりません。その際の挨拶の例文を以下にご紹介しますので参考にしてください。

「本日、〇時間目に〇年〇組の教室にて研究授業を行います。お忙しい中ではあると思いますが、お手すきの方は見に来ていただき、感想やご指摘をいただければと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。」

教育実習の研究授業のために日々、生徒と関係作りをしておこう!

教育実習の日にいい環境で研究授業を行うためには生徒との関係作りが必須です。そしてこれは当日急にすることはできません。教育実習が始まった日から研究授業の日までの積み重ねです。

研究授業の日まで、生徒との関係作りを大切に積み重ねていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です