【就活】電話を折り返した際に相手が出ない時にすべきこと


23000人面接したプロと無料何度も面接練習できる▲

「就活関係の電話を折り返したのに相手が出ない時にどうしたらいいかわからない」と思っていませんか?

確かに就活関係の電話を折り返したのに相手が出ない時にすべきことがわからないという方が多いのはその通りですが、

実は就活関係の電話を折り返したのに相手が出ない時にすべきことがあるんです!

今回は就活関係の電話を折り返したのに相手が出ない時にすべきことが気になる方に向けて、

就活関係の電話を折り返したのに相手が出ない時にすべきことや注意点を解説します。

就活関係の電話を折り返したのに相手が出ない時にすべきこと1:留守電にメッセージを残す

就活関係の電話で、会社側からの電話が取れず折り返した際、相手側が出ないというときがあります。そのような際は、できるだけ早くかけ直すことがマナーですが、出ない場合はまず「留守電」にメッセージを残しておきましょう。

その際に必要な情報は、

  • 「所属大学・学部名」
  • 「名前」
  • 「要件」

 

の三つです。

「こんにちは(時間によって変える)。〇〇大学の〇〇学部所属の〇〇 〇〇(フルネーム)と申します。先ほどお電話をいただいていたのですが、出れずに申し訳ありませんでした。ご用件をお伺いしたいので再度、お電話をいただけますようよろしくお願いいたします。」

このように述べれば、たとえ電話に出れなかったとしても、丁寧な印象を与えることができ、マイナスイメージにはなりません。

就活関係の電話を折り返したのに相手が出ない時にすべきこと2:時間を確認する

もし就活関係の電話で、会社側からの電話が取れず折り返した際、相手側が出ないという場合は、適切な時間にかけたのかどうかを確認しましょう。

適切な時間の前提としては、まず営業時間内であるということです。

そして仕事のピークタイムを避けていたかどうかを確認しましょう。

仕事のピークタイムは業種によって異なりますが、一般企業ならば始業時間から2時間と、就業時間前の2時間が忙しくなります。

逆に飲食関係などの業種となると昼食時間などが忙しくなりますので気をつけましょう。

自分が電話をかけ直した会社の業種に沿って、電話をかけ直すならば仕事のピークタイム以外にかけ直すようにしましょう。

就活関係の電話を折り返したのに相手が出ない時にすべきこと3:番号を確認する

就活関係の電話で、会社側からの電話が取れず折り返した際、相手側が出ないという場合、「電話番号を間違えている」という可能性もありますので、確認をしましょう。

基本的には着信履歴を見て電話をかけ直すので間違える可能性は低そうですが、

別の着信履歴の番号にかけている場合もありますし、自分がかけ直したい企業にちゃんと電話をかけていたのかということも確認事項としては必須です。

就活関係の電話を折り返しの際に相手が出ない時の注意点

次に就活関係の電話で、会社側からの電話が取れず折り返した際、相手側が出ない場合の注意点を確認していきましょう。

就活関係の電話を折り返しの際に相手が出ない時の注意点1:かけ直す時間に気をつける

上記にもある通り、仕事のピークタイムや営業時間外には絶対に電話をかけ直してはいけません。

企業の多くは就活生への対応よりも、対顧客や対別企業との仕事に重点を置いています。これは仕方がないことです。

そのため別の仕事があればそちらを優先すべきように徹底している会社が多いのです。

そこでピークタイムに電話をかけてしまうと対応してくれない可能性もありますし、もし対応してくれたとしても印象はよくありません。

またそれと同じく営業時間外にかけ直すということも避けたいところです。

就活生への対応も採用担当者からすれば仕事の一環です。そのため営業時間外に電話をかけ直すというのは、残業をさせていることと同じなのです。

営業時間外に電話をかけるということは、社会人になってもビジネスマナーとしてはアウトなので覚えておくとよいでしょう。

就活関係の電話を折り返しの際に相手が出ない時の注意点2:何度もも掛け直さない

就活関係の電話で、会社側からの電話が取れず折り返した際、相手側が出ない場合、不安になって何度もかけてしまいたくなる気持ちはわかりますがやめておきましょう。

電話に出ないのには何かしらの理由、特に忙しいということが挙げられると思いますが、ありますのでそんな時間に何度もかけ直すというのは相手にとっては迷惑なことです。

一度かけておけば着信履歴にも繋がるので、「かけ直さなかった」ということにはなりません。後は先方から電話が来るのを待ちましょう。

就活で電話を折り返したけど相手が出ないなら待機がベスト

タイミングを見計らって電話を折り返しても相手が出ないのであれば、後は待っておくのがベストな選択だと言えるでしょう。

不安になったり、気になる気持ちはわかりますが他のことをして気を紛らわせるようにしましょう。

ただし、次は電話が来た時に取れるように気配りは忘れないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です