【就活】電話が来たけど相手がわからない…こんな時の対処マニュアル


23000人面接したプロと無料何度も面接練習できる▲

「就活関係の電話が来たけれど相手がわからないから対処できない」と思っていませんか?

確かに就活関係の電話が来たけれど相手がわからないから対処しづらいのはその通りですが、

実は就活関係の電話が来たけれど相手がわからない時の対処法があるんです!

今回は就活関係の電話が来たけれど相手がわからない時の対処法が気になる方に向けて、

就活関係の電話が来たけれど相手がわからない時の対処法を詳しく解説します。

就活関係の電話が来たけれど相手がわからない時の対処法

就活関係の電話が来たけれど「相手がわからない…」これは非常に憂鬱になりますよね。

どのような要件かもわからなければ、番号に見覚えがない時さえあります。

それでもビジネスマナーを大切にしようと心がけている就活生ならば、「かけ直さなければ」と考えるはずです。

「どんなことを言われるのだろう」

「要件は何だろう」

「相手は誰だろう」

こんなことを考えると気持ちも落ち着きません。そんな時の対処法を以下に2通りご紹介していきます!

就活関係の電話が来たけれど相手がわからない時の対処法1:担当者名がわからない

電話がかかってきたけれど取れず留守電も入っていなかった場合、担当者がわかりません。

そんな時、どうすればいいかわからず不安になる方は多いです。

そんな時にすべき対処法をご紹介します。

就活関係の電話が来たけれど担当者名がわからない時の対処法1:電話をかける

留守電が入っていなくて担当者名がわからない時でも会社にかけてみれば、何とか取り次いでもらえる場合があります。

その際に伝えるべき事項は、

  • 「所属大学・所属学部」
  • 「氏名」
  • 「要件」

の三点です。実際に就活関係の電話が来たけれど担当者名がわからない時に電話をかける際には以下の例文を用いて相手方と話すとよいでしょう。

「こんにちは(時間によって変える)。〇〇大学〇〇学部の〇〇 〇〇(フルネーム)と申します。先ほどお電話をいただいていたのですが取れず申し訳ありませんでした。お電話先の担当の方が分からないため、お手数ですが確認していただくことはできますでしょうか。」

この例文にしたがって、電話の受け手の方と話すことで、心当たりのある社員を探してもらえるはずです。

ただこの手段を用いる場合は、電話の受け手となった社員の手間を取らせることもありますので仕事のピークタイムは避けたほうがよいでしょう。

ちなみに会社の業種にもよりますが、仕事のピークタイムは一般企業であれば始業時間から2時間の間と、就業時間の2時間前の間が目安です。

飲食関係であれば、逆にお昼時などがピークタイムとなるので気をつけましょう。

就活関係の電話が来たけれど担当者名がわからない時の対処法2:電話をかけない

就活関係の電話が来たけれど、留守電のメッセージが入っておらず担当者名がわからない時には電話をかけないというのも一つの手です。

普通に考えれば「折り返し電話をかけたほうがいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、

折り返しで電話が欲しい場合や取り急ぎ伝えたいことがある場合は留守電にメッセージを必ず入れるはずです。

留守電にメッセージが入っていないということは逆に考えればそこまで急ぎの要件ではないと捉えることもできます。

また急ぎではない場合でも折り返しの電話が欲しければ担当者名と折り返しの電話が欲しいという件を添えて留守番電話のメッセージに入れておくというのがビジネスマナー。

そういう観点からしても、折り返しの電話をあえてしないというのは失礼に当たることではありません。

就活関係の電話が来たけれど相手がわからない時の対処法2:電話番号に見覚えがない

見覚えのない電話番号から電話がかかってきた際も掛け直しておくというのが無難な手段です。

就活時期になると様々な会社や就活支援サイトなどから電話がかかってくることでしょう。その中で「見覚えのない電話番号」や「非通知設定の電話番号」から電話がかかってきたという経験をお持ちの方も少なくないでしょう。

そんな時、つい面倒に感じて掛け直さないという方もいますがそれはやめておいたほうがいいでしょう。

企業によっては、選考通過者のみにかける電話番号があったり、採用担当者の携帯電話からかかってくるという場合も少なくありません。

そのような場合、「見覚えのない電話番号」だったり「非通知設定の電話番号」である可能性があります。

大切な電話の可能性もあるので、掛け直してみることをおすすめします。

就活関係の電話で相手がわからなくても一応掛け直してみるのが無難

就活関係の電話で相手がわからなくても一応掛け直してみるのが無難でしょう。

相手がわからないのがこちらの責任ではない以上、こちらが申し訳なくなる必要もありません。

安心して電話を掛け直してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です