就活中ツーブロだった僕が教える、就活の髪型としてOKなツーブロとNGなツーブロ


23000人面接したプロと無料何度も面接練習できる▲

 

こんな人にオススメ!

☑就活中にツーブロってどうなの?

☑いつもツーブロなのでできればツーブロでいたい

☑OKなツーブロとNGなツーブロって?

 

就活中は激しいツーブロでなければ大丈夫!

僕は就活中はツーブロで望んでいましたが、無事に志望した会社から内定をもらうことができたので、ツーブロ自体は問題ないことがわかりました。

しかし、それはOKなツーブロとNGなツーブロの境界線をしっかり引くことができたからです。

僕は普段はがっつりとしたツーブロを入れるのですが、就活中は少し抑えめのツーブロを心がけていました。

基本的に、刈る範囲が大きすぎたり、長さがあまりにも短くなければ、就活中でもツーブロで問題はないです。

就活中のツーブロを心配してしまう3つの理由

就活中のツーブロってどうなの?と心配してしまうことありますよね。

僕も、普段はがっつりとしたツーブロの髪型なので就活中はどうするべきなのか結構悩んでいました。

就活マイスター
そこで実際に普段ツーブロな僕が、就活中のツーブロを心配してしまう3つの理由をまとめてみました。

①50歳近くの面接官のウケが良くなさそう

ツーブロは若者に多いヘアスタイルのため、50代近くの面接官の人が普通はしないヘアスタイルのなので印象が良くなさそうなイメージがあります。

就活マイスター
実際、聞いてみたのですが、ツーブロになじみがないという声が50代の人はありました。

②おしゃれ要素が強い

ツーブロはオシャレ要素が強いため、誠実さをアピールする就活においては不向きな髪型では?とお心配してしまいますよね。

実際、ツーブロは10~30代で流行っている髪型なので、オシャレ要素が強い髪型と言わざるを得ないところがあります。

人事
この人、就活という場をわきまえてこんな髪型にしているのかな。

オシャレ要素が強いので、いざ就活の面接という場面になると面接官にこのように思ってしまいそうですね。

③イカつい印象を持たれてしまう

僕自身、ツーブロにする前は「ツーブロはイカつい」という印象がありました。

確かに、ツーブロは一部を刈りあげるという性質上、やり方によってはかなりイカつい印象がついてしまいます。

銀行などの金融系の会社では特に誠実さが求められるので、度が過ぎたツーブロはお客様に対する印象が良くないですよね。

就活中のOKなツーブロの例

就活マイスター
それでもツーブロでいたい!そんな人のために、就活中のOKなツーブロの例を解説します。

(引用:メンズヘアカタログ専門サイト

 

  • 刈り上げ範囲がそこまで広くない
  • 顔周りがすっきりしてさわやかな印象がある

 

この写真はそこまで悪い印象はなく、むしろさわやかに見えますよね。

ツーブロをうまく使いこなせば、見た目にも自分に自信を持ちながらも、誠実な印象を与えることができます。

刈り上げ範囲も小さいのでイカつく見られません。

しいて欲を言えば、刈り上げた部分の長さをもう少し長くすればもっと就活向きになるかと思います。

就活中のNGなツーブロの例

 

  • 刈り上げた部分の長さが短すぎる
  • 刈り上げの範囲が広い
  • 広いがゆえに刈りすぎ感が目立つ

 

このようなツーブロはイカつい印象を持たれがちですし、何より誠実さをアピールしにくい髪型です。

刈り上げラインはせいぜい目の位置あたりがベストなのに、この画像ではおでこの一番上のラインまで刈りあげています。

ここまで刈りあげるともはや不自然です。刈り上げ範囲と刈りあげる髪の長さを気を付けましょう。

主張の激しすぎるツーブロでなければ問題ありません!

就活マイスター
就活の場面では誠実さとさわやかさが求められるようになります。

しかし、そんな就活の場面で主張の激しすぎるツーブロの就活生がでてきたら面接官はどう思うでしょうか。

人事
この人がうちに入社しても、扱いにくそうだな・・

あくまで一例ですが、このような悪い印象を持たれてしまう可能性があります。

オシャレを楽しんだり、個性的であるのは自分を楽しむうえで大切なことです。

しかし、就活という場を考えると、主張の激しすぎる髪型は避けたほうがいいです。

自分のオシャレを保ちつつ、就活で好印象を持たれる髪型を目指してみましょう。

この記事を読んだ人はコチラの記事も読んでいます!

普段ワックスをあまり使わない僕が教える、就活中でワックスを使うべき3つの理由

2017.10.26

超暑がりな僕が実践した、夏に就活スーツを極力着ないで就活する方法

2017.10.26

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です