エントリーシートの封筒の色で合格が決まる?!各色の印象とは


23000人面接したプロと無料何度も面接練習できる▲

「エントリーシートで使う封筒の色は合格に関係ない」と思っていませんか?

確かにエントリーシートで使う封筒の色に決まりはないのですが、実はエントリーシートの封筒の色によって与える印象が違うんです!

今回はエントリーシートで使う封筒の色ごとに与える印象の違いが気になる方に向けて、その印象の違いを解説します。

エントリーシートで使う封筒の色は白で決まり!

エントリーシートで使う封筒の色は白色がベストなのです。

その理由としては、白色の封筒が正式な文書の送付に最も適しているとされているからです。

インターンシップでも就職活動でも、まず最初に会社の人があなたへの印象を決めるのはエントリーシートです。

エントリーシートは送付したり、手渡しをしたりすることがあると思いますが、

その際には必ず封筒に入れた状態で相手先に渡ることと思います。

その際に、封筒が公式の場で使われる色のものでなかったり、白色でも汚れていたりシワが寄っていたりすると間違いなく印象はよくありません。

そういう意味で、封筒とはあなたの第一印象を決める「顔」のようなものなのです。

つまり封筒を公式文書を渡す際の「白色」で渡すというのは「TPOを理解できている」ということの意思表明でもあるのです。

しかし与えたい印象を効果的に変えるために他の色を使うという手段もあります。

次の見出しでは各色の与える印象をご紹介していきます。

エントリーシートで使う封筒の色の印象の違い

エントリーシートで使う封筒の色の印象の違い1:白色

先ほども紹介した白色の封筒。やはり最もオーソドックスだと言えるのはこちらのカラーです。

白色の封筒にすることで前述の通り「TPOをわきまえている」という印象や、清潔感、几帳面さ、礼儀正しさを演出することができるのです。

また白い封筒を使用することによって他にもメリットがあります。

それは「文字が見えやすい」ということです。

エントリーシートの応募期間ともなると企業側は大量の封筒を処理しなくてはいけません。そのため封筒に書かれている住所や氏名などがパッと見て分かりやすいものがいいのです。

このように企業でエントリーシートを処理する側の立場で考えると白色の封筒がいいでしょう。

エントリーシートで使う封筒の色の印象の違い2:茶色

茶封筒は、事務的な用途で使われる際に用いられる傾向にあります。これは特にビジネスシーンで顕著な傾向です。

そのためエントリーシートを送る際に茶封筒に入れてしまうと他の事務的な書類と混合してしまったり、混ざらないにしても事務的なものの印象を与えてしまう可能性があるのです。

そのため特にエントリーシートを送付する際には好ましくないと言えるでしょう。

ただ例えばインターンシップ終了後のアンケート送付の際や、就職活動での内定獲得後の書類のやりとりなどは茶封筒でも問題ありません。

この時期の就活生、インターンシップ生は金銭面で悩ましいということも本音としてはありますし、少しでも節約したいと考えることは企業側も理解できることです。

そのため茶封筒を使う際はその用途に応じて、注意しながら使用するようにしましょう。

エントリーシートで使う封筒の色の印象の違い3:カラー封筒

一見、鮮やかでファッショナブルに見えるカラー封筒ですがエントリーシートの送付にはほとんどの一般企業が適さないと言えます。

ただしアパレル関係企業やファッション関係の企業、もしくはスタートアップ企業など若い層が集まっている会社への送付の際は効果的に使用することでいい印象を手にすることができるかもしれません。

例えば送付先企業のイメージカラーに沿ったカラー封筒を使用することで好印象が得られる場合もありますし、その季節によって柄物やカラー封筒を使うことでユニークな印象を与えることもできます。

このようにカラー封筒を送付してもいいかどうかを見分けるためには、例えば面接や企業体験などの際の服装で「私服可能」であったり、インターンなどで企業の風土を参考にするといいでしょう。

エントリーシートで与えたい印象によって色を変えてみよう

基本的にエントリーシートを送付する際は白色の封筒が好ましいです。

しかし与えたい印象があって意図的に使用する際や、その企業のイメージカラーなどに沿って狙って別の色を用いることが有効となる場合があります。

しっかりと自分がエントリーシートを送る企業と自分の立場を考慮しながら封筒選びをしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です