教育実習のメイクの正解!女性の悩ましいメイク事情を解決


23000人面接したプロと無料何度も面接練習できる▲

「教育実習の時、メイクはどうしたいいの?」と思っていませんか?

確かに教育実習の時にメイクをしていいのかどうか決まりがないのはその通りですが、実は教育実習の時のメイクにはマナーがあるんです!

今回は教育実習の時のメイクにはマナーが気になる方に向けて、教育実習の時のメイクのマナーやオススメのメイクなどを解説します。

教育実習の時のメイクのマナー

最初に教育実習のメイクのマナーについてご紹介します。

教育実習の時のメイクのマナー:スッピンでもOK

まず大前提として、教育実習の時にはスッピンでも構いません。

基本的に教育実習生の多くは20代前後であり、まだまだ化粧をしていなくても見苦しさなどは全くないからです。

そもそも化粧をする理由は、「綺麗になるため」であることともう一つは「身だしなみを整えるため」の二点です。

まず教育実習では「綺麗になるため」のメイクは必要がありません。必要であるとすれば「身だしなみを整えるため」のメイクだけです。

そのため身だしなみを整える程度のメイクで構いませんし、それすら必要がないという場合もあるでしょう。

また児童・生徒の中には化粧の薬品に含まれる物質へのアレルギーを持った子供もいる可能性があるため、教育実習の事前打ち合わせの際に確認しておくことが必要です。

教育実習の時のメイクのマナー:教育実習の挨拶・事前打ち合わせ編

上記の通り、教育実習期間はスッピンで構いませんが、それでもメイクをしていこうと考えている方に向けて教育実習時のメイクのマナーをご紹介していきます。

教育実習の挨拶や事前打ち合わせの際には「薄くメイク」をしていきましょう。

眉と口紅を派手ではない色で塗り、ファンデーションを薄くつける程度で構いません。もし当日体調が悪く顔色がよくなければ薄くチークを塗って健康的な印象を演出するのもおすすめです。

口紅はオレンジ・ピンク、ベージュなどの派手ではないナチュラルカラーを選びましょう。

教育実習の時のメイクのマナー:教育実習の体育の時間がある日編

教育実習で体育の時間がある日についても基本的には薄いメイクがおすすめです。

教育実習期間、というか教員に化粧直しの時間は基本的にありませんので、濃いメイクをしてしまうと化粧崩れ後の手直しが大変です。

また体育の時間が外である場合は、日焼け止めなどを塗っていくのがいいでしょう。

教育実習の時のメイクのマナー:香水はなし

メイクの際に香水をふりかける人がいますが、教育実習では香水を使うのはやめましょう。児童・生徒の中には匂いに敏感な子供もいるため香水の香りが不愉快に感じる人もいる場合があるからです。

また香水を振りかけていると、児童・生徒、保護者、教員からあまりいいイメージをもたれません。

「教育実習生なのにおしゃれをしている」

「なんのために教育実習に来ているのか」

と悪いイメージで取られかねませんので、香水は辞めておきましょう。

教育実習の時のメイクのマナー:ネイルはなし

また香水と同じくネイルも教育実習現場では絶対にタブーです。

香水は目に見えないため気づかれない場合がありますが、ネイルの場合は目に見えているためはっきりと嫌悪感を示される場合もあります。

場合によっては「教育実習打ち消し・中断」になる場合もありますので、普段ネイルをしている人も教育実習期間は自粛しておきましょう。

教育実習の時のメイクに女性が悩む理由

教育実習の際にメイクをするかどうかで悩む女性が多いのには理由があります。

それは就活時期になると「女性は社会人になるとメイクをマナーとしてすべき」だと教えられるからです。

確かに就活ではそれ専用のメイクなどがインターネット上にも情報として上がっているため化粧をする選択肢を選びやすいのですが、教育実習期間中のメイクについてはインターネット上でも賛否両論あります。

そのため教育実習に向けてメイクをすべきなのかどうなのかというのは、教育実習に向かう際の女性のほとんどが持っている悩みだと言えるのです。

教育実習中のメイクをするか迷ったらスッピンでもOK!メイクをするなら節度を保って

結論から言えば、教育実習中にメイクはしなくても構いません。

特に20代前半の女性であれば、スッピンであるということも一つの魅力だと言えます。

ただ、それでもメイクをしようと考えている方は節度を保って、上記のメイク例を参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です