中学校の教育実習を成功させるために!教職経験者が語る成功法


23000人面接したプロと無料何度も面接練習できる▲

「中学校の教育実習は難しい」と思っていませんか?

確かに中学校の教育実習が辛いと言っている実習生が多いのはその通りですが、実は中学校の教育実習には成功させるコツがあるんです!

今回は中学校の教育実習を成功させるコツが気になる方に向けて、中学校の教育実習を成功させるコツや教育実習での自己紹介の方法など役に立つ情報を紹介します。

中学校の教育実習を成功させる方法

最初に中学校の教育実習を成功させる方法を二点に分けて解説していきます。

中学校の教育実習を成功させるためには、「授業を上手く展開すること」と「生徒と関係作りをすること」の二つの成功が必要となってきます。

この二つのポイントを成功するために必要なコツを見ていきましょう。

中学校の教育実習を成功させる方法1:授業を上手く展開するコツ

自分が中学生の時に面白かった授業と面白くなかった授業を思い出してみてください。この二つにはどのような差があったでしょうか。

教職を経験した身から言えば、「面白くない授業」とは

「先生ばかりが喋る一斉講義形式の授業」

「黒板と教科書しか使わないシンプルな授業」

「問題の難易度設定が生徒に合っていない授業」

の三つです。このどれかの条件が当てはまる授業では生徒は「面白くない」「眠い」「受けたくない」と感じるものです。

そして逆説的に言えば、「面白い授業」とは上記の三つの条件に当てはまらない授業なのです。つまり、

「生徒の活動が多いアクティブラーニング型の授業」

「黒板と教科書だけではなく、電子黒板などの視覚教材などが取り入れられた授業」

「問題の難易度がちょうどよく、『問題を解きたい』と思ってしまう授業」

となります。

三点目に関しては、生徒のことをよく知って、授業経験を積まなければなかなかできるものではありませんが、一点目、二点目に関しては教材研究、授業準備の段階で考えられるはずですので是非試してみてください。

中学校の教育実習を成功させる方法2:生徒と関係作りをするコツ

生徒と良い関係作りをするために意識することは、

「教師と生徒は対等の立場であるということ」

「できるだけ同じ時間を共有するということ」

の二点です。この二点を押さえておけば無理にコミュニケーションを取らずとも実習期間には自然に良い関係を構築できているはずです。

部活動や掃除、給食の時間などにできるだけ生徒と一緒にいるということが大切です。教材研究などのために実習生控え室にこもりたい気持ちもわかりますが、その気持ちを押してでも生徒と一緒にいた方が結果としては、教育実習を成功させることができます。

中学校の教育実習の期間

中学校の教育実習の期間ですが、初夏の「5〜6月」と秋口の「9〜10月」の二つに分かれることが多いです。

普通は「5〜6月」の時期に教育実習をする方が多いです。学校側としてもできれば受験シーズンと被らない初夏の時期に受け入れをしたいと考えています。

しかし「9〜10月」にしか教育実習をできないという場合もあります。例えば教育実習生の数が多くて、1シーズンでは受け入れきれないというケースがあります。

もしくは教育実習生が就活と教育実習を両立させようと考えている場合は、「5〜6月」は就活が忙しいので「9〜10月」の時期に教育実習を申請するという場合があります。

ただ教員を目指すことが決まっている場合は「5〜6月」に実習に行くことをおすすめします。なぜなら教育実習の経験の有無で「6〜8月」に行われる教員採用試験での受け答えの豊富さが変わってくるからです。

やはり教育実習を経ている教員志望者の方が面接などではその経験が語れるため有利です。

中学校の教育実習での自己紹介の仕方

中学校の教育実習の際の自己紹介では、「自分の中学校の時の思い出」を交えながら自己紹介をすると良いでしょう。

中学生からすると「この人はどんな人なんだろう?」と最初は興味半分、疑い半分の目で見てしまうところがあります。

そこで中学生と同じ頃の話や、そこからなぜ教師になろうと思ったのかなどを絡めて話すと多くの中学生が興味を持って聞いてくれます。また話の最後には、「教育実習での目標」などもしっかりと述べておくことをおすすめします。

中学生は寡黙な先生よりも、色々な話をしてくれる先生の方が好きです。多少話が長くなってもいいので、初対面の自己紹介ではしっかりと自分のことを話すようにしましょう。

中学校の教育実習がつらいという人もいる

中学校の教育実習がつらいと感じる人もいます。そのような人の多くは生徒との関係作りが上手くいっていないように思います。

中学校でももちろん授業は行いますし、教材研究は忙しいですが、それよりも思春期の中学生達とどのように関係を築いていくかの方が難しいのです。

上記のように色々な自分の体験談を話すというのは、あなたの人柄を中学生に示すことができて関係作りのためには有効な手立てです。

他にも部活動に積極的に顔を出すことで、「あの実習生の先生は自分達に興味を持ってくれている」と感じ、親しみを持ってくれることもあるでしょう。

中学校の教育実習の前にどれだけ授業研究をしておくかが勝負

中学校の教育実習が始まると、毎日忙しくなかなかゆっくりと授業研究を行うことはできません。そのため与えられた教材をどれだけ教育実習前に研究しておくかが、実習期間中にゆとりを持った生活にできるかの鍵です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です