就活口コミサイトを使った、企業選びの超具体的方法!ブラック企業は絶対イヤ!

こんな人にオススメ!

☑企業の選び方がよくわからない

☑企業選びの軸とか言われてもボンヤリしすぎてしっくりこない

☑ブラック企業かどうかを見抜いてから選考に進みたい

☑体験談に沿った超具体的な企業の選び方を知りたい

使うべき就活口コミサイト

  • Vorkers
  • 就活会議

18卒で就活をしていた僕が実際に使っていた口コミサイトです。特に僕はVokersをよく使っていました。

Vorkersとは?

就職・転職前に採用企業のクチコミをリサーチ。Vorkersでは、「社員・元社員」から独自に収集した「年収・待遇」や「職場環境」の評価・レビューを共有。「組織体制」、「給与制度」、「退社理由」など、10カテゴリのレビューと8つの数値評価で採用企業を分析します。(公式HPより)

Vorkersは口コミの数でいえば、転職会議に劣らないし、むしろ多いようなイメージがあるくらい、就活の口コミサイトとしては大人気です。

口コミの数や口コミの種類は文句なしですが、ただ口コミを閲覧するために、他の就活サイトの登録が必須です。

登録した就活サイトからメールも大量に来るので、それだけは本当に勘弁してほしかったですが、口コミの質と量は文句なしです。

その点、「就活会議」は登録時に大学のメールアドレスが必須なのでその点が、面倒ですが、口コミの質と量はVorkersに負けないくらいあります。

就活会議は安全か!?謎に包まれた就活会議を実際に使ってみた!

就活口コミサイトを使った企業の選び方の手順

就活マイスター
僕は就活で受ける会社をすべて就活のクチコミサイトを基準に選んでいました。そのやり方を徹底解説します。

①志望業界から気になる企業を選ぶ

まずはVorkersのHPを開きます。

すると、検索窓のすぐ右に、「業界を探す」というのがあります。こちらをクリックしてください。

すると、このように業界の一覧がズラーっと出てきます。ここで自分の志望している業界を選んでください。

就活マイスター
例えば、就活生に人気な業界の銀行、信金を選んでみました!

すると、このように選んだ業界の中で有名な企業から順番に並んでいます。この中から興味ある会社を選んでいきます。

最初は自分の知っている会社から見ていくことをオススメします。そちらのほうが興味を持ってみることができるので。

就活マイスター
例えば、銀行で超有名な三菱東京UFJ銀行を見てみたよ!

②企業ページを開いたら、まず残業時間が自分の希望範囲内かどうか見る

誰しもブラック企業では働きたくないですよね。

それを見極めるために、まずは画像の真ん中少し右にある、「残業時間(月間)」をチェックしてください。

大体20~30時間前後以内であれば、ひとまずこの段階では、いま表示されている会社をもう少しチェックしてみることにしましょう。

40時間を超えるようであれば、残業まみれになる確率が99%になるので、バリバリ働きたい方以外はその会社を受けるのはやめましょう。

ちなみに某通販の大手の会社に勤めるマネージャークラスの役職についてた僕の先輩いわく、残業は月40時間を超えるところは見直したほうがいいそうです。

就活マイスター
三菱東京UFJであれば、この段階では約31時間。まあまだ大丈夫かなというところです。

③企業ページを開いたら次の項目を見よ!

残業時間の次に見るべき項目
  • ワークライフバランス
  • 退職検討理由
  • 組織体制・企業文化
  • 入社理由と入社後のギャップ

もちろん、残業時間だけで判断するのは危険です。その他の口コミや社内の環境などを見ないとだめです。

これを見ると大体ブラック企業かどうかがわかるうえに、その会社の雰囲気が自分に合うかどうかが、おおよそ決めることができます。

就活マイスター
試しに三菱東京UFJ銀行の「組織体制・企業文化」を見てみましょう!

③ザーッと読んで「危険なワード」があるかどうかを見る

就活マイスター
これが三菱東京UFJ銀行の「企業体制・企業文化」だけど、どうやって見るのかな?

ここまで見えたら、「ブラック企業ワード」があるかどうかを見てみましょう!

ブラック企業ワードの例
  • 体育会系
  • 年功序列
  • お堅い
  • 残業多め
  • 飲み会多い

もっと他にもあるのですが、ブラック企業を連想させるようなワードがある場合は、ブラックである確率が高いです。

例えば、三菱東京UFJ銀行の組織体制・企業文化の画像の中には、「ブラック企業ワード」である「年功序列」「お堅い」などがありますね。

ということは、この例で行くと、三菱東京UFJ銀行を受けるにはちょっと注意が必要ということがわかります。

就活マイスター
え、残業時間が30時間以内で悪くないかなと思ったのに、実際はブラック企業なんですか!?

調べてみると、実際、三菱東京UFJ銀行はあまりいい話がないのがわかります・・

参考

BankAcademy僕が3年9か月勤めた三菱東京UFJ銀行を辞めるまで

④2と3の段階をクリアした企業をエントリーする

例に挙げた、三菱東京UFJ銀行は残念ながら選考先の候補には上がらなかったですが、以上が就活の口コミサイトから見る志望業界の選び方です。

2と3の段階をクリアした企業であれば、ブラック企業である確率は低めなので、あとは説明会や選考を受けに行って実際にどうなのかを自分の肌で体感してみるといいでしょう。

しかし、頭に入れておいてほしいのが、これら口コミサイトは「ネガティブな意見」が多いということです。

これらの口コミが書けるということは、「その会社になんらかの不満があって転職していった人」です。

なので必然的にネガティブな意見が多くなってしまいます。

どんな企業でもネガティブな意見は1つはあるので、

基準としては大体ですが、5つの口コミのうち1つしかネガティブな意見がなければ、良いのかなと思っています。

就活口コミサイトは企業選びで後悔しないためにも絶対に使うべし!

ブラックかどうかの見極めには、残業時間以外にも、やりがいだったり、価値観だったり、給与だったり、いろんな判断しなければいけない項目があります。

それらを見極めるためには、企業から発する情報(説明会やHPど)だけでは絶対に判断することができません。

実際に働いていた人たちの生の体験談を聞く必要があります。

自分の身を守るために、自分が納得した働き方ができるように、就活の口コミサイトは絶対に使って下さい。

入社して多く聞く悩みが、「入社前とのギャップ」です。

逆に言えば、このギャップを無くせば会社で消耗することがほぼなくなります。

就活マイスター
就職前と就職後のギャップを無くせるよう、就活口コミサイトは必ず活用しましょう。

この記事を読んだ人はコチラの記事も読んでいます!

就活会議は安全か!?謎に包まれた就活会議を実際に使ってみた!

2017.10.30

就活エージェントを5つ使った僕が教える、就活エージェントのメリット・デメリット

2017.10.26

東京しごとセンターを新卒就活で使っていた僕が、東京しごとセンターの評判を語ります

2017.10.26

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です