就活用の靴が尖っているだけで内定を左右する驚愕の理由


23000人面接したプロと無料何度も面接練習できる▲

「就活用の靴は尖っているだけなら大丈夫だ」と思っていませんか?

確かに就活用の靴は「尖っているとダメ」などというルールがないのはその通りですが、

実は就活用の靴が尖っているだけで内定を左右するかもしれないんです!

今回は就活用の靴が尖っているだけで内定を左右するかもしれない理由が気になる方に向けて、

就活用の靴が尖っているだけで内定を左右するかもしれない理由を解説します。

就活用の靴が尖っているだけで内定を左右するかもしれない理由

就活用の靴が尖っているだけで内定を左右する「かもしれない」と断定しないのは、会社の社風や風土によって靴に受ける印象が180度変わるからです。

こちらでは就活生が受ける企業の社風ごとに「尖っている靴」に抱くであろうイメージをまとめました。

就活用に「尖っている靴」を履いていった際に受ける印象:大企業

大企業の場合、就活用に「尖っている靴」を履いていった場合、受ける印象は「やる気があるのか?」といったようなあまりいい印象ではありません。

その理由は、大企業特有で年配の社員の方が多いということが挙げられます。

特に面接などで人事課や面接担当の社員が年配の社員の場合は内定を左右する可能性が非常に高いです。

なぜなら特に昔の方が尖った靴に対しての印象がよくなかったからです。

先の尖った靴はファッショナブルでホストなどが履く靴であり、ビジネスシーンには適さないというのが上の世代の認識のため悪い印象を持ってしまうでしょう。

就活用に「尖っている靴」を履いていった際に受ける印象:中小企業

中小企業も大企業と同じくで、年配社員等にはやはり悪い印象を与えかねません。こちらも尖っている靴を履いていくのは避けた方がいいでしょう。

就活用に「尖っている靴」を履いていった際に受ける印象:スタートアップ企業

企業してまだ時間の経っていないスタートアップ企業などは社員の多くが若手であり、尖っている靴に対するイメージが悪くない場合があります。

最近では「Tシャツ」「短パン」などで出社してもいいといった企業もあるぐらいですので、そのような社風の会社であれば尖っている靴でも全くもって問題はないと言えるでしょう。

就活用に「尖っている靴」を履いていった際に受ける印象:アパレル・ファッション系企業

アパレル・ファッション系企業であれば尖っている靴が好印象に捉えられる可能性があります。

やはり見栄えとしては尖っている靴の方がファッショナブルに見えるということがあるからです。

またこのような会社では靴も含めてスーツ類の服装が手入れされているかどうかをしっかりチェックされる可能性が高いということも知っておいた方が良いでしょう。

就活用に「尖っている靴」を履いていった際に受ける印象まとめ

まとめると大企業や中小企業など、創業以降の歴史がある会社で高齢の社員が多い企業では「尖っている靴」を履いていくのは好ましくありません。

一方で若手社員が中心の新しい企業ではそこまで服装に重きを置かれていなかったり、

またはアパレル系・ファッション系企業ではむしろファッショナブルな点において高評価を得られる場合があるということがあります。

何はともあれ、合同説明会などに先んじて行った際に社員の服装や社風をしっかりと見ておくというのが大切でしょう。

就活用の靴が尖っているだけでは落とされない?見た目が大切

上記にもある通り企業によって尖っている靴の評価は分かれますが、それよりも大切なのはスーツ等の服装の清潔さです。

靴も先が丸ければOKというわけではなく、しっかりとブラッシングがされていることが大切ですし、

リクルートスーツもシワが寄っていないということが大切です。

スーツや靴の形状などにどうしても注目しがちですが、それらの服装をどのように清潔に保っておくかがそれよりも大切であると言えます。

就活用の靴が尖っているのと尖ってないので迷ったら尖ってないのにしよう

結論的には、就活用の靴は「尖ってない」ものがどの企業の面接でも使用することができて無難です。

そのためどうしても「尖っている靴がいい」とこだわりがある人以外は、先の丸い靴を購入することにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です