個別教室のトライの辞め方を解説!


23000人面接したプロと無料何度も面接練習できる▲

個別教室のトライを辞めるには、校舎の責任者と話をすればいつでも辞めることができると思っていませんか?

確かに法律としては退職を申し出ればスグに辞めることができます。

しかし、個別教室であるからこそ辞めるタイミングについては熟考しておかなければ円満退社は難しくなってしまいます。

本日は個別教室のトライを円満退社する方法についてお話していきます。

個別教室のトライの辞め方を考えなければいけない理由

個別教室のトライでは、まず担当の生徒が決まります。教室の方針や生徒の受講科目によって異なりますが基本的には2人ないしは3人で1人の生徒を科目ごとに指導していきます。

特に、メインの担当として任せてもらった場合には受験へのアドバイスや学校の授業や成績向上のためのアドバイスなどもおこないます。

そうした関係性があるために自分の都合で退職しようと思っても情が湧いてしまい中々退職に踏み込めない部分があります。

特に、生徒が自分の言うことを素直に聞いて成績がしっかり伸びている時期というのは教師として情が湧いてしまいやすいです。

また、個別教室のトライ側としても、教師の変更というのは上手くいっている時ほどしたくないというのが実際のところです。

そのため、退職をするとなると、引き留めることもあります。退職になる場合にはキリの良いところで教師の変更がスムーズにできるようにしなければなりません。

何よりも、生徒と保護者の方に同意を求めなければならないのです。

このように個別教室のトライを辞める時には会社側からも生徒、保護者側からも受け入れてもらう準備をしなければいけないので辞める時期に迷うことになるのです。

個別教室トライの辞め方として良い時期

個別教室のトライを辞める決断をした場合にはスムーズに辞めることができるように、辞める時期を考えておく必要があります。

最も良い時期は、学年の変わるタイミングです。

学校でもクラス替えや担任の変更があり、世の中でも人事異動などがあるため辞めるタイミングとしてはベストなタイミングになります。

次に良い辞めるべきタイミングは、生徒の長期休みの前後です。

学生には夏休み、春休み、冬休みなどの中長期の休みがあります。

こうしたタイミングでは各塾が講習をおこないます。

そのため、このタイミングで個別教室のトライを退職する場合には講習のタイミングで先生が変更になったのだと生徒や保護者の方への理解も求めやすくなっており、会社側も了承しやすい時期になっています。

最後にベターな退職時期としては中学生や高校生の場合には定期テストの後が良いです。

定期テストの指導まで今まで通りに指導をおこない、定期テスト終了後からは生徒の弱点に合わせて新しい先生が指導してくれるという話をおこないやすくなるからです。

ここで紹介した時期が個別教室のトライを辞める時に良い時期だと言えます。

やむを得ない事情ですぐにでも退職しなければならない場合には仕方がないですが、そうでない場合には退職交渉もスムーズになるので上記の時期を狙って退職の相談をすることで円満退職することができます。

個別教室のトライの理想的な辞め方

では、理想的な辞め方をご紹介していきます。

個別教室のトライを円満退社するためには、1~3か月前には校舎の責任者に相談をしておくことが良いです。1~3か月前であれば後任を決める時間もあるのでスムーズな退職をおこなうことができるからです。

そして、退職時期に関しては先ほど紹介した時期に設定をしておくことが良いです。

各月の途中などの中途半端な状態でなければ対応もスムーズになるからです。

最後に、引継ぎの準備をしておくことで会社側から退職について不満を言われることは少なくなります。

個別教室のトライでは、当然生徒の成績を上げることが仕事の内容になります。

生徒の成績を上げるためには指導に一貫性があった方が有効です。

極端な例ですが、漢字を覚える時に目で見て覚えなさいと指導を受けていた生徒が漢字は書いて覚えるのが良いと言われてしまうと、どちらの考えが正解なのかわからなくなってしまい混乱をしてしまいます。

こうしたことが起きないように、今までどのような指導をおこなってきたのか、本人の性格や苦手な科目、苦手な理由、得意な科目、好きなことなど指導で考慮しなければならないことを紙に残すなどの取り組みが必要になります。

このような引継ぎを丁寧におこなっていれば退職してしまった後も生徒に迷惑がかかることも会社に迷惑がかかることも無いのでスムーズに話が進んでいきます。

個別教室のトライの辞め方まとめ

個別居室のトライを辞める時には、後ろ髪をひかれることもありますが退職の準備をしっかりとおこなうことで円満に退職することができるようになります。

退職するために考えておかなければいけないことは、退職の時期です。

退職の時期を生徒、保護者、会社に迷惑のかからない時期に設定しましょう。

以下のタイミングが理想です。

・学年の変わり目

・講習の前後

・テストの後

これが決定したら退職希望日の1~3か月前には退職の旨を伝えておきましょう。

退職が決定したら引継ぎの内容をまとめることで誰にも迷惑をかけることなく退職ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です